検索
  • スケットナカヒロ

遺産分割協議書について

 昨年11月にお亡くなりになった被相続者の方の相続人からのご相談がありました。

生前、婚姻前、昭和50年ごろに購入されていた北海道の不動産とそれ以外の不動産についての分割協議が必要となりました。幸い相続人は2名でしたので事もなく協議書の作成は出来ました。

 しかし、北海道の物件は地目が山林でかつ評価地域外、土地情報センタのPC区域外となっており不動産情報の手に入れにくいものでした。

 購入時のオイルショックのときに購入を勧められたもので、今となっては、現地でどこにあるかも確認できないものとなりました。販売会社は住所が違うが名称が同じで大阪に存在しています。

 遠隔地の不動産を購入するときは十分注意する必要がありますね。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高齢の親を持つ子供たちにとって、自分の親が認知症・・・、とても信じられないですね。 また、信じたくもないもです。 しかし、別々に家庭をもち生活していると、気付かないうちに、確実に年とともに進んでいくのが 認知症です。もちろんすべての人がそうあるとは思えませんが。 コロナ禍で帰郷しにくい中ですが、両親の生活、また皆さんの家庭を守るためにも、家族信託や 後見制度、遺言などを考えてみてください。

安倍元総理大臣が銃撃されるなんて、この日本で、まさかですね。 私は、奈良県で仕事を長くさせていただきましたが、テレビ報道の映像を見ながら、ほんとによく知った場所であったので、絶句してしまいました。 ほんとに一命をとりとめて、元気な顔を見せてくれることをお祈りします。

平成17年から、コツコツと整備をしながら、いたわり使用していましたジムニー(JB23W)も14万jキロを超える頃から、ターボのオイル漏れが生じてきました。これの修理はエキマニ周辺のネジ外しは、固着していることから私では無理と判断して業者さんに引き取っていただき、その代わりに2017年1月製のアウトランダーPHVEを購入しました。同じ4WDですが、その使い方は、相当違いがあります。しかし事業用に使う