検索
  • スケットナカヒロ

在宅医療選択の悩み

 人生の終末を迎えるにあたり、自宅が良いか病院が良いかの選択を問われた場合、やはり生活に慣れた自分の城ともいえる自宅で療養をしたいと当然に考えることと思います。私も例外ではありません。

 しかし、自分ひとりの場合、日常は訪問介護や訪問看護を受けながら、一人で孤独と戦っていくことになります。逆に子供がお世話をしてくれることになっても、相当の苦労を掛けることになるでしょう。

 自治体によっては行政と医療団体とが連携して在宅医療提供体制の構築が進んでいるところがあるとのこと、自分の自治体の状況も確認してみることが重要かと思います。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高齢の親を持つ子供たちにとって、自分の親が認知症・・・、とても信じられないですね。 また、信じたくもないもです。 しかし、別々に家庭をもち生活していると、気付かないうちに、確実に年とともに進んでいくのが 認知症です。もちろんすべての人がそうあるとは思えませんが。 コロナ禍で帰郷しにくい中ですが、両親の生活、また皆さんの家庭を守るためにも、家族信託や 後見制度、遺言などを考えてみてください。

安倍元総理大臣が銃撃されるなんて、この日本で、まさかですね。 私は、奈良県で仕事を長くさせていただきましたが、テレビ報道の映像を見ながら、ほんとによく知った場所であったので、絶句してしまいました。 ほんとに一命をとりとめて、元気な顔を見せてくれることをお祈りします。

平成17年から、コツコツと整備をしながら、いたわり使用していましたジムニー(JB23W)も14万jキロを超える頃から、ターボのオイル漏れが生じてきました。これの修理はエキマニ周辺のネジ外しは、固着していることから私では無理と判断して業者さんに引き取っていただき、その代わりに2017年1月製のアウトランダーPHVEを購入しました。同じ4WDですが、その使い方は、相当違いがあります。しかし事業用に使う