道路使用・道路占用許可申請

★道路使用

  道路の本来の用途に即さない道路の使用方法で、交通の妨害、交通に危険を生じさせる恐れのあるもの(行為)は一般的に禁止されています。しかし、それ自体(行為)は社会的な価値を有することから、一定の要件を備えていれば警察署長の許可で、その禁止が解除される行為を「道路使用許可」が必要な行為として道路交通法に定められています。

ここで言う道路は、一般交通の用に供する道、自動車道、不特定の自由な通行が認められている私道、空き地、広場、公開時間中の公園内道路等を言います(詳細は関連法案を参照)

道路交通法第76条で、何人もいかなる場合にあっても、交通の妨害となるような方法でみだりに物を道路に置いたり、道路上の人や車を損傷させるおそれのある物を投げるなどの行為を行うことは禁止されています。

 ☆道路使用許可が必要な行為

1 道路に於いて工事若しくは作業をする行為(1号許可)

2 道路に石碑、広告版、アーチ等の工作物を設けようとする行為(2号許可)

3 場所を移動しないで、道路に露店、屋台などを出そうとする行為(3号許可)

4 道路に於いて、祭礼行事、ロケーション等をしようとする行為(4号許可)

  ※具体的な行為に付いては」、各自治体の道路交通規則に定められているので参照してください。

​ 道路交通法第77条第2項の規定では、次の場合に該当すれば許可される見込みです。
但し、ライフライン等の設置工事、工作物の設置、露店の出店、オープンカフェの設置を伴うイベント等の道路使用許可申請には道路占用許可申請が必要となる場合があります。
1 現に交通の妨害となる恐れがないと認められるとき。
2 許可に付された条件に従って行われることにより交通の妨害となる恐れがなくなると認められるとき。
3 現に交通の妨害となる恐れはあるが、公益上又は社会の慣習上やむを得ないものであると認められるとき。

 ★道路占用許可
https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/senyo/senyo.html国土交通省のホームページ
 道路上、地下、上空に電柱やライフライン、屋台、看板等の道路に一定の物件や施設などを設置し、継続して道路を使用することを「道路占用」といって、道路を管理している「道路管理者」の許可が必要です。
〇占用しようとする場合は、道路管理者の許可が必要になる」。道路法第32条
〇占用の許可を受けると、占用料という料金が発生します。道路法第39条

道路管理者の例
国道・・・・国道事務所
都道府県又は政令市の管理する道路はそれぞれの土木事務所
都道府県道・・都道府県又は政令市の土木事務所
市町村道・・・市町村役場